FC2ブログ

バンコクの母と娘~タイ出産子育て動物日記~

バンコクでの妊娠、出産、子育て、ペット(帰国時の動物検疫など)事情。タイなので、象の話題も。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
帰国検疫6 帰国検疫失敗の巻~
たいへんご無沙汰しておりました!実は5月半ば、なにげに本帰国しました~!日本は、レストランで水がタダ!だけど、スイカは高い~。と、そんなことはどうでもよくて、帰国検疫。

失敗しました~。

ヒマラヤン猫・ジョジョ(8歳)と、M・プードル風味・ヤイ(2歳)なんですが、バンコクの空港まで行ったものの、結局、飛行機に乗れず。やむなく2匹を見送りの友人に託して、私達は帰国したのですが、書類の不備で検疫のスタンプがもらえず、タイに10日も留め置き。やっと貨物便で出国できたものの、またも書類の不備で犬のヤイだけ成田空港で、係留検査に。

20060714200200.jpg

成田空港敷地内に係留中のヤイ

20060714200239.jpg

フェンスの向こうは滑走路。離発着の飛行機が~!

やっと訂正書類が届いて、犬がうちまで来たのは、さらにその3日後でした。

かかった費用は約22万円。タイの友人や夫の会社関係者には多大な迷惑。はあああ。というわけで、恥ずかしいけど、帰国検疫失敗の巻を詳細報告します~。皆様の無事なご帰国を祈っております。どうぞ参考にしてくださいませ~。

で、なにが原因だったか、というと、2つあります。1つは、私が日本に入国する日本の輸入検疫のことばかり一生懸命で、タイ側の輸出検疫をすっかり忘れていたこと。日本の検疫所の帰国手続きを熟読していた私は「ここに書いてあることをきっちりクリアすればカンペキ」とか思って、タイ側の手続きがあるなんて思いもつかなかった(今から思えばありえないんですが)日本の検疫帰国する日に早めに空港に行って、日本の検疫の書類(フォームA&C)にエンドースメントのスタンプさえもらえばいいと思っていたんです~。

帰国当日、早めに空港に行って、貨物ターミナルにあるタイの動物検疫所にいったんです。ところが、その日は日曜日でな~んと、検疫所は休み!!!「日本の書類にスタンプをもらうだけだから!」と、海外から来る動物の入国のために出勤していた検疫所の人を探し出してお願いしたんですが、「ダメですよ~。タイから出るにはタイの手続きがいるんですよ~。ほらこういうやつ(と紙1枚を見せてくれた)」ということで、こっちに私が残ろうか、とも思ったんですけど、赤ちゃんもいるしで、なーんと、親切にも見送りに来てくれた夫の会社の元同僚の人とかに犬猫を預けて私達は帰国したんでした。

その時は、「手続きは3日で帰国できます」とのことだったんですが、それが10日ののびた原因、さらに犬が成田で係留検査になった理由は、タイの獣医師に書いてもらった抗体検査の書類(バイオベスト社に送って、抗体検査の結果が記入されて返送されてきたもの)と、日本の検疫のフォームCに記載ミスがあったから。

獣医師は、抗体検査で猫の誕生日を書き間違え、それがタイの検疫で引っかかって10日、出国したものの、フォームCで犬の採血日を書き間違え(さらに猫のフォームCでも採血日が違っていた)ているのが発覚してさらに日本で係留検査です。獣医の、ただの不注意なうっかりミスなんですよ。

でも、その間違いがあるばかりに、タイ側の検疫の担当官が書類にサインとスタンプをくれないんです。私の知人は、その書類を持って、チャロンスック病院に取って返して、訂正とサインをさせる、そしてまた空港の検疫にとんで戻る(けど、担当官が帰っちゃって、とかもありで)で、出国までに10日かかりました。ここまでにかかった費用が貨物としての飛行機代も含めて6万円です(最初の帰国の時のチケットはムダに)。

ちなみにこのチャロンスックの獣医師は、日本語のしゃべれる先生ではありません。

これってどうしたら防げた?と思うのですが、まず1つには、帰国の手続きを引越し屋さんに頼んでしまえばよかったんです。夫の会社の指定引越し屋さん、日通はペットの帰国手続きのサービスをタイでしていなかったので、いいや、じゃあ、自分で、とか思ってしまったんです。もし、自分の引越し屋さんがタイ側の検疫の手続き代行してくれなければ、飛行機を取る旅行代理店か、DHLとかfedexとか大手の運送会社にきくとやってくれるらしいです。

でもそれで解決するのは、タイ側の帰国検疫の手続きですよね。獣医師の書類に記入ミスがあれば、日本側はやっぱりダメ。信頼できる動物病院を選ぶことと、あと、自分の目できっちり書類をすみずみまでチェックすることです。要はただの記入ミスですから。チェック項目は、帰国40日前までに日本の検疫所に「輸入届出書」を出して「届出受理書」がファクスされてきます。このときにチェック項目表があるので、これを利用して目を皿のようにして間違い探しをするのがよいと思います。あるいは、日本の検疫所は事前ファクス書類チェックサービスをしてくれるので、記入書類を検疫にファクスして、調べてもらうのがいいかも。詳細は届出受理書をもらう時に紙がついてきます。

さて、さらに、やっとやっと、うちの犬猫が飛行機に乗ってからの話を聞いてください!!!日本での手続きは、検疫以外にも通関なんかもあるので、引越しをやってくれる日通にお任せすることに。

その時までの問題点は猫の書類。抗体検査の書類の誕生日が間違っていて、タイの検疫官が「これじゃあ訂正しても、日本の検疫は通常通してくれませんよ。もう1回抗体検査しないと(ってことは抗体検査後、6か月タイで待機するってことだよ!!)」というのを「いいえ、誕生日は記載ミスなだけで、採血して抗体検査した猫とA,Cフォームの猫は同じこの猫ですよ。だってマイクロチップの番号が一緒だもの。だからチャロンスックの獣医師が訂正してサインとスタンプを押せば、日本の検疫だって通してくれるはずです」と言って、訂正(2重線引いて訂正です。修正液ではダメです)させたので、猫が入国できるかどきどき。

さて、当日、日通の担当者から電話が来ました。「犬と猫は無事日本につきました。例の猫の書類ですけど、問題ありませんでしたので夕方までにお届けできます。でちょっと問題は犬のヤイなんですが、Cフォームの採血の日が、2回目の狂犬病の注射の日の前日になっているんです。で、係留検疫です~!(狂犬病の注射は抗体検査の前に2回以上だから、2回目の注射の前日に採血したんじゃダメ)。で、これもまあ、書類の記入ミスですよね。ですから、タイの獣医師に訂正の手紙を書いてもらって、これにタイの検疫にスタンプ押してもらえば、6か月係留しなくてもいい、というふうにこっちの検疫では言っているんですが~」。

というわけで、犬は成田空港で係留検査に。猫は無事、わが家に!元気でした。さて、もうタイの担当獣医師をすでに全然信用していないわれわれは、訂正の手紙を自分で書いて、タイの夫の会社の秘書さんに送り(ごめんね。。迷惑かけて)、チャロンスックの獣医師と空港の検疫担当官にサインをしてもらう段取りに。これもなんだかんだで(なんだったのかはよくわかんないんだけど)検疫担当官がスタンプをくれず、書類はもう一度チャロンスック病院に持ち帰りになって、秘書さんは2度手間、犬は3日の係留検査になったのでした。

うちの犬・ヤイは、恥ずかしいんですけど、けっこうダメ犬、弱犬なんです。それで係留になっちゃったことで、めげめげなんじゃないか、と、その時点では、また何が起こって係留が長引くかわからなかったので、成田の検疫所(の隣にペットホテル業者がある)に面会に行きました。

検疫所は空港の敷地内、ターミナルと滑走路をはさんで向かい側にあります。第7ゲートというところをくぐって面会に行くの。滑走路がフェンスの向こうに見えるペットホテルの外に出てきたヤイは楽しそうに飛び跳ねて元気そう!めげてたのはむしろ飼い主のほうだったみたい。

そういえば、動物病院に入院している犬猫って、新しい環境のなかでそれなりに順応して、ゴハンもけっこう食べるし、飼い主が心配するほどめげてないのを思い出しました。だし、ペットホテルは清潔感があるし、担当の女性も感じがよくて、きちんと世話してくれている印象でした。

で、聞いたところによると、タイからの犬猫は書類の不備が多く、係留検査になってしまうのが、前の月にも立て続けに3回もあったとか。せっかく長野から家族に頼んで車で迎えに来てもらったのに、犬が係留になってしまい「自分ひとりだったら、家族をわずらわせなくても、電車で帰ったのに」という人もいたそう。

また、係留にならないようにと、家族は先に帰国しているのに、わざわざ6か月の待機期間のためにタイに残ったのに、書類の不備で係留になってしまった人もいたそう。その人は6か月の係留はお金がかかるから、もう一度タイに動物を送り返したのかな?ちょっとちゃんと聞けてないので不正確ですが、そんな話だったような。

うちのはそれでも訂正がきいて、数日で係留が終わったからよかったけど、訂正のきかない不備だったら、係留は6か月!ですよ。費用は45万円くらいになってしまうそうです。

ペットホテルの女性担当者は、「負けてください、って言われるんですが、今までみたいに全部の犬猫が2週間の係留、というのだったら、6か月の長期の人を負けてあげることもできたかもしれないんです。でも、今は、2週間の係留はなくなって、皆6か月なので、誰かだけ負けてあげるわけにはいかないんです。かわいそうなんですけど」と話していました。

というわけで、おそるべし、バンコクの獣医師の書類の不備。皆さんは目を皿のようにして間違いをチェックし、多分、事前に日本の検疫に書類をファクスして、確認してもらうのがベストのようです。それと、バンコクの獣医師、訂正の書類を2重線で消してサイン、ではなく、修正液で消したために訂正がムダになったことがあるそうです。そこも気をつけてくださいね。

あと、タイの友人、会社関係にかかった迷惑がすさまじかった。チャロンスックと空港検疫所を何度も往復してもらって。

で、日本の係留とかの費用、日通が代行してくれたので、そのまま会社の引越し費用につけてもらったんです。そしたらきのう、夫から電話が。「ヒロ、ちょっとたいへんなことが。会社から犬猫の引越し費用払えって言われちゃった。16万円くらい。。」

計22万円でしたーーーーーーーーーーー!!!!
スポンサーサイト
帰国検疫5 チャロンスック病院のこのごろ
「自分で出来る!帰国検疫!」というふうにはじめたブログなのだけど、動物病院で採血してもらって、狂犬病抗体価検査機関のバイオベスト社に送る、という方法、バンコクのチャロンスック病院では変化が出てきてみたいなのです。

バンコクの友達が知らせてくれました。ブログに載せてもいいということなのでここに載せます。ブログをコピーしてチャロンスックに行ってくれた方、ゴメンナサイ!Kちゃん知らせてくれてありがとね。


友達のメール
↓↓↓↓↓↓

今日、うちの猫たちの予防接種でチャロエンスックに行ったところ、
ヒロさんのブログのコピーを持った人と先生がもめていたので
どうしたのか聞いたところ、どうも、今年明けぐらいから、個人で
血液検査をするのにはいろいろ難しいことが起きてるらしく、
早速ヒロさんに知らせた方がいいんじゃないかと思いました。

というのは、今日はウイチット先生(チャロエンスックで日本語を話す、
日本人御用達の先生)の診察日だったのだけど、彼が自分はサインできないと
言うのです。よくよく聞いてみると、バイオベスト側の方向転換なのか、
チャロエンスック側の問題なのかは不明だけど
①チャロエンスックでは、書類にサインできる医師が2人(院長ともう一人)のみ
になった。これはバイオベスト側に登録されているので、それ以外の人間では
サインできない。
②血清を個人で送るにしても、チャロエンスックが送るにしても、バイオベストが
指定している業者でないとダメになった。

ということらしいです。
だから、ヒロさんがブログに載せてる方法は間違ってないのだけど、
院長かもう一人の医師が居る曜日、時間に行かないと、即時にイギリスに送るのは無理
ということと、送付してくれる業者とコンタクトできる能力(語学力?)が必要という
ことが新たな変更箇所だと思います。

今日、病院であった人には、「いずれにしても、今からいろいろ調べて結局ダメだと
2度手間だから、この際病院に頼んでしまったら?」とアドバイスして、そうしたようです。

今後も、この検疫制度の改定はいろいろあるかもしれないので、ちょっと困りものだね。
帰国検疫 その3
バンコクに住むイヌネコが帰国するとき、やっておけばその日におうちにつれて帰れる(日本の空港で行う動物検疫での係留検査を12時間以内で終わる)マイクロチップの装着と抗体検査。やってないと、日本の動物検疫で最長180日係留されてしまうから、面倒だけど便利な新制度です。

タイで生まれたイヌネコの場合、最低でも帰国の7か月前に手続きを始める必要あり。もし来年の3月末に帰国するとなると、8月末が準備開始のギリギリ最低ライン。つなわたりな仮スケジュールはこんなふうになります(ほんとにやると間に合わなそうなのでまねしないでね)。

8月末       ○マイクロチップ装着

          ○1回目の狂犬病予防接種
                   
             ↓30日以上(1年以内)

9月末       ○ 2回目の狂犬病予防接種

          ○ 採血して血清を検査機関に送る

            ↓ 180日間タイにいること(2年以内)

2月20日ごろ      
出発40日前までに  ○ 到着空港の動物検疫所に「動物の輸入に関す            る届出書」をfax。

            返送される「届出受理書」をキープ

出発4日前から前日  ○「届出受理書」の番号、搭載便、到着予定時刻            を到着空港の動物検疫所にfaxすると手続きが            早くなる

出発48時間以内   ○近所の獣医さんで狂犬病、レプトスピラ症(イ           ヌのみ)にかかってないか健康診断してもら            う。

3月末(出発当日)   ○ドンムアン空港の動物検疫所で必要書類にエ             ンドースメント
            (裏書)をしてもらう。とっても重要!

           ○ 日本の空港の動物検疫所に書類提出。検              疫を通過しておうちへGO!!

こんな感じになります。

マイクロチップって

直径2㍉、長さ11㍉のカプセルみたいなもの。イヌネコの首の後ろの皮膚の下にちょっと太い注射みたいので入れるだけです。

1回目の予防注射の注意点は
出発日から数えて7か月(180日+30日)以上前にやらないと間に合わない!

それから、もしそれがコイヌの最初のワクチンなら、91日齢以上じゃないといけません。

それからそれから、2回目のワクチンは1回目から30日以上あと、というのはあくまで日本の動物検疫の規則なんです。

タイのコイヌの通常のワクチンスケジュールは1回目が3か月齢、2回目は6か月齢なんですね。私が自分のイヌを動物病院に連れていったとき、このスケジュールをもとに、「2回目は30日後に打てません。3か月後。だから帰国は延ばしてください」と言われた!!

黙って30日後にいきましたけど。

狂犬病の抗体検査

2回目の予防接種(80バーツ)をしたあと、イヌネコから採血して血清をとり、狂犬病の抗体検査をしてもらいます。

この抗体検査、日本の農林水産大臣が決めた指定の検査機関でやらないとダメで、それがタイ国内にないんです。

だからイギリスや日本の検査機関に血清を送るんですが、動物病院で代行してくれます。

もし手間をいとわないんだったら、自分で送ることも可能。

やってみたところ、動物病院に頼むと合計1万5000バーツ(チャロンスック病院では2頭目からは1万バーツらしい)だけど、合計5000バーツほどですみました。気合のある方は試してみて~。

その方法は、普通に動物病院で予防接種、採血をしてもらって、血清最低1mlをもらいます(300バーツ)。

血清サンプル



それをその日のうちに箱詰めして郵便局からEMSでイギリスのラボ、BIOBEST社に送ります。

箱の外側



その方法はまた後日~。
帰国検疫 その2
タイで飼い始めたイヌ、ネコに必須の狂犬病予防接種。もし帰国予定があるなら、最初の予防接種のときにマイクロチップ埋め込みをしてね。

帰国時の検疫では、マイクロチップ埋め込み後の注射しか換算してくれないんです(しかも2回以上)。

狂犬病の注射


我が家の愛犬、ヤイ。3か月齢で初めての予防接種です。でもこのとき飼い主がマイクロチップ埋め込みをおこたったせいで、このあと1年間に2回も注射を受けることに!

ゴメンネ、ヤイ。

ちなみにここはBMA(バンコク都保健所)。バンコクの捨てイヌに避妊去勢手術を日夜している獣医さんたちです。ヒロはここでボランティアしていました。ディンデーンにあります。狂犬病のワクチンもただ。。





[帰国検疫 その2]の続きを読む
帰国検疫
ペットのいるバンコク在住者にとっては、けっこう気になる帰国時の検疫。ペット病院におまかせ~、も可だけど、狂犬病抗体価の検査を自分でやるのも結構簡単。動物病院でペットの採血をしてもらい、自分で箱に詰めて英国のラボに送ります。2、3週間で結果が郵送されてきます。費用はマイクロチップやワクチン、採血の費用も含めて5000バーツ(1万5000円)ほど。動物病院に頼むと15000バーツ(45000円)くらいかかっちゃうからお得ですよ~。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。